スルスルコウソは授乳期・授乳後でも飲めるの?

スルスルコウソは授乳期・授乳後でも飲めるの?

スルスル酵素

 

スルスルコウソは、授乳期や授乳後でも飲めます。

 

なぜそこまでいえるのか、スルスルコウソに含まれているものをみてみましょう。

 

 

まず、5種類の消化酵素です。

消化酵素があるので、食べた物は分解されて身体の中に栄養として取り入れられることができるのです。消化酵素がそれぞれ、でんぷん、セルロース、脂質、たんぱく質、乳糖を分解してくれるのです。

 

次に挙げるのは、発酵エキスです。

素材は80種類もあります。80種類とは、モロヘイヤ、クマザサなどの野草だけではなく、てんさい糖や黒砂糖、イチジクやミカンなどの果物、ニンジンやタマネギなどの野菜などさまざまな素材が含まれています。これらから抽出されたのが野草発酵エキスなのです。

 

それから、まだあります。

 

スルスルコウソの特徴

腸内環境を整えてくれて腸の活動を活発にしてくれるのが乳酸菌です。スルスルコウソには、乳酸菌が500億個も含まれています。これで、代謝がよくなった身体からさらに老廃物や不要物を排出してくれるわけです。

 

1日2粒からはじめて、自分に合う量を調節していきます。

身体に悪いものは入っていないので、授乳期や授乳後にスルスルコウソを飲んでも大丈夫、ということです。

 

 

スルスル酵素 スルスル酵素 副作用